安達 真衣

MaiAdachi
安達 真衣 代表

Adachi Mai

体験を通して生まれた音楽教室

私は日本で音楽を勉強したのち、フランスへ留学いたしました。留学中にはフランス人、またはフランスで長年音楽を勉強してきた諸外国の学生たちと共にレッスンを受ける機会が多くありましたが、彼らの読譜能力、例えば初見演奏、移調奏、譜読みの速さ、さらに表現力の豊かさ、譜面がなくても好きな音楽を自在に奏でられる能力にいつも驚かされ、私自身がそれまで日本でして参りました音楽学習について見直す良い機会になりました。

フランスと日本の音楽教育に何かちがいがあるのでしょうか。

日本では、基礎を身につける課程において使用教材やアイデアがそれほど豊富ではありません。ソルフェージュや音楽理論(楽典)の学習は施されるものの、テキスト上の理解に偏りがちで、演奏表現には結びついていないように思われます。

一方フランスでは、ソルフェージュ教育が非常に確立しており、この課程をマスターしてから各楽器の技術習得に移るのが一般的です。1978年、フランスのソルフェージュは、視唱、聴音、音楽理論、楽曲分析、音楽史などを個別化して学習するのではなく、段階を踏みながら実作品を通してこれらをバランスよく学ぶ“フォルマシオン・ミュジカル”として生まれ変わりました。

日本でもピアノなどの楽器演奏を幼少期から始めますが、フランスではそれと同時にフォルマシオン・ミュジカルも施されます。システム化されたフォルマシオン・ミュジカルによる確かな基礎学習の上で、個性や表現力などが十分に活きてくるのだと思います。

BEC音楽教室は、フォルマシオン・ミュジカルや優れたフランス輸入教材を身近に取り入れ、一人一人の学ぶ目的やレベルに合わせて選んで使用。広い視野から音楽性を刺激し、楽しく学習する音楽教室です。

「皆さんに対していつもオープンでありたい」そう考えている私たちの教室は大変アットホームで和やかな雰囲気です。

ぜひ一度体験レッスンを受けにいらしてくださいね。